FC2ブログ
バレエコンクール 女子全部門 上位入賞者輩出 入選多数 優秀指導者賞連続受賞☆谷山(笹貫)、加治屋町、枕崎、頴娃 指宿 新メンバー大募集!☆姿勢矯正、美容痩身、本格的に!ニーズに合わせて自由に選択☆体験無料090-8414-2392川留携帯まで
谷山病院 秋祭り 無事終了~♪
皆さん 今晩は

本日は谷山病院秋祭りで
子供達の作品を披露させて頂きました\(^o^)/

谷山病院の方 いろいろとありがとうございましたm(__)m

ブログをご覧になってか 立ち寄って下さった方もいて、とても嬉しかったです\(^o^)/

相変わらずバタバタの準備でしたから、いつも練習しているヴァリエーション以外は、今日練習して 今日合わせた作品でした。

が!(^-^)v 出演の子供達はなかなかよい感じでした♪
お客様にも喜んで頂けて、「まるで天使みたいでした!」とのお声をかけて頂けました。


子供達はとてもたくましいです
一般的な考えだと無理難題と思われるようなことでも、やらせれば なんとか やってのけるものです\(^o^)/
あーとの子供達はみんなこうして成長していきます
大人の勝手な判断で「子供だから無理」という考え方は あーとにはあり得ません

今日ちょっとだけ上手く行かなかった部分もありましたが、上手くやってのけた子供達も初めは皆、そうでした。

でも 一歳二歳上の先輩がどんどんこなして行くのを見て 今のちびちゃんも同じようになっていくんです

当たり前に周りがやっていると、入ったばかりの人も当たり前にやるようになる…そんなものですよね


今日は子供達にそういう今後のさらなる可能性を感じる事も出来て とても有効な一日でした。

次は11月3日の枕崎、頴娃のCATSです

枕崎は11時30分
頴娃は14時30分が出演予定時間のようです。

お近くの方は是非 お誘い合わせの上 お越しくださいませ~\(^o^)/
スポンサーサイト
えっちゃん
みなさん、こんにちは~☆

昨日のストレッチクラスに 久々 えっちゃんが参加くださいました~☆
しかも なんの前触れもなく予約とかもなく
本当に突然(^^;

篤子先生の「あ~~~~!えっちゃんだぁ~~~!」の驚きの声に
事務所にいた私は、しばし呆然としたぐらいです(爆)。

あーとなみなさまはもうお分かりですね♪
ヘルシークラスやストレッチクラス、ときどき大人クラスを受講されていたえっちゃん♪

お元気そうで何よりでした。
Aも元気で頑張っているようです♪
(A! 気合い入れて取りに行くのよ。Aは生粋のあーとっ子なんだからね)

えっちゃんは、ブログチェックしてくれているようで
先日の かごしまアジア青少年芸術祭も
ブログをご覧になって お忙しい中 会場に駆けつけれくださる予定だったのですが
渋滞に巻き込まれて断念されたのです・・・

久々のストレッチでしたが、いつものように頑張っていました☆

こういう時 現代的な生き方をしていたら 後姿の画像など撮影して
ブログに掲載したりすると、もっと楽しい感じになるだろうに・・・
いつもですけど・・・そういうことに 後で気づく私。。。
しかも 画像をたくさん掲載しようと、カメラ機能のよい携帯を購入したのに
使いこなす間もなく、いまでは調子が微妙に悪い・・・困ったもんです。
なんとかして もっと楽しめるブログにしたいと思ってます。

えっちゃ~~ん! こんなところからなんですが・・・
体はほぐれましたか?
またの お越しをみんなで待ってますね~~♪

谷山病院祭り・枕崎頴娃文化祭出演☆29日土曜日は全クラス休講!
本日 3つめの記事です(苦笑)。

今週の土曜日10月29日土曜日 谷山病院祭りにお招きいただいて
3時ぐらいから30分ほど「あーと」の作品を披露します。

狭い場所・・・ということでしたので、Vaで出演することにしました。
お時間のある方は 是非 お立ち寄りくださいませ~。

上記のため 10月29日土曜日は、通常クラスも特レンも休講です。
お間違いのないようにお願いします。

11月3日は毎年恒例の 枕崎・頴娃町文化祭に出演します☆
同じ日に文化祭があるので
枕崎で踊って、すぐさま頴娃町に移動・・・という
ハードな一日です。
今年は 新春コンサートの告知を兼ねて
「キャッツ」で出演することになりましたので
早朝からメイクもてんやわんやになりそうです(笑)。

枕崎は枕崎市民会館で11時30分から出演だそうです。
頴娃町はそのあとですから 午後1時ぐらいでしょうか??(未確認・・・)

お近くの方は是非 見に来てくださいね♪♪

「キャッツ」は、ずいぶん前に枕崎の文化協会さんから依頼されて
ミュージカルのダンスの部分をあわてて作った作品なんですが
枕崎市民のみなさんには大変気に入っていただけているようで
「キャッツが見たい・・・」とのお話をよくいただくんです。

日頃、出来るだけしずしずと品の良いバレエを目指している私たちですが
こういうハード(?)な 作品も大好きです。

今年は小学生もキャッツデビュー♪ 本人たちは盛り上がっているようですよ。

キャッツをやるときの私の口癖は
「ミケとかタマにならないでね・・・」です。
ミケやタマに微妙に失礼な発言の気もしますが・・・(苦笑)。

キリっと芯のあるハードさが狙いです☆
品よくかっこよく知的なキャッツを目指しています♪

どうなりますやら・・・

 

来年夏(2012)NAMUEクラシックバレエコンクール鹿児島♪早速の申し込み☆
本日 二つ目の記事です(爆)。

毎月20日に発行しているプリンシパル(あーとの会報)に、来年の夏のコンクールの件を
掲載しました☆

早速、出場希望の申し出がありました!
中には入会間もないレッスン生もいて、挑戦するという気持ちの好きな私としては
うれしい限りです(^^。

早く準備に取り掛かれることは とてもいいこと♪
「やるぞ!」と決めて取り組む期間が長ければ長いほど
良い結果も導けるし、そういう経験はバレエ以外のいろんなことにも役立つことでしょう♪

「迷っている時間はもったいない!」
レッスン生に向けての私の口癖のひとつです(爆)

コンクールといえば、あーと内には小学生3名を含む4名が
ザ・バレコン福岡にむけてラストスパートをかける時期になりました。

これまで 小学生からの出場は頻繁ではなかったのですが
小学校高学年の時期に打ち込めるものがあるのは
とっても幸せなこと☆
「上達してから・・・なんて言ってないで
上達するために出ちゃいましょう♪♪」と
昨年 声掛けをしました。
予想通り、どんどん頑張れるようにもなりました。

いろんなお教室の同じ年ぐらいの頑張ってるみんなと
時間を共有して、さらなる刺激を受けられたらな・・・と思っています。

残すところ約2か月
スタッフ一同 全力で取り組みますね☆☆
かごしまアジア青少年芸術祭2011 画像
みなさん!こんにちは~☆

先日のかごしまアジア青少年芸術祭オープニング作品の画像が届きました。
ちょっとだけですけど・・・(^^;


20111019-172500_20111019185251.jpg

民族衣装を着たうちの子供たちが遊んでいる姿、ご覧いただけますか??

20111019-172500_20111022105052.jpg

のちに あちこちから感想をいただいているんですが
子供たちの遊ぶ姿、お客様に喜んでいただけたようです☆

良かった♪良かった♪

ほかに画像が入手できたら、また掲載しますね!
鹿児島もバレエブーム??
みなさん、こんにちは~☆

夕べは肌寒かったですね~~(^^;
冬支度をはじめなきゃ!って 感じです。

9月中ごろから、お問い合わせがずいぶん多くなりました☆
芸術の秋~~スポーツの秋~~食欲もですけど・・・(苦笑)。

何かを始めたくなる季節なんですね!

お問い合わせくださったみなさん、体験レッスンにお申し込みくださったみなさん☆
ありがとうございます!ブログを見て・・・と おっしゃる方も多くうれしい限りです。

あーとでは 通常レッスンのすべての時間に体験レッスンを申し受けています。
(人数に制限があるので予約にて承りますが・・・)
体験だけでも じぇんじぇんかまいません。
レッスンに関する感想をお聞かせいただいて
求められていることを私たちが知る機会としています。

いったい??どんなお稽古しているの??との
興味本位での体験レッスンでも、全然かまいません。
それは、それで レッスン生にも指導者にも刺激になりますから~☆

ときどきお問い合わせの方の中に
「プロになるつもりはないけれど 入会できますか??」
とのご質問をいただきます。

「もちろん!です♪」とあわててお答えしている私です(^^;。

ブログに勢いがありすぎで??(^^;と反省。
以前には「本気じゃないと あーとではお稽古できないようだ」との
噂があるとも聞いたことがあります。

万が一 上記のような理由で 問い合わせや体験レッスンを躊躇していらっしゃるかたが
いらしたら、大変申し訳ないことをしてしまっています・・・ハイ。

「あーと」は、バレエに興味のある方ならどなたでもお稽古していただけますので
どうぞ お気軽に体験レッスンにお越しになってくださいませ~~~☆


当時は「本気って???いったい??」と、思っていたのですが、この頃少々わかるようになりました。
そういうみなさんのおっしゃりたいこと(どうも 脳の回転率が悪いので・・・反省)。

「正しく」という言葉をあまりに使いすぎ??(^^;
気軽な気持ちでは臨めない・・・と なってしまうのでしょうか???

それは それは 大変失礼いたしました(反省)。ぜひ お気軽にどうぞ・・・。


「あーと」のレッスン生は 子供たちも大人の方もいろんな目的をもってお稽古しています。

運動不足の解消とか スタイルをよくしたいとか 姿勢をよくしたいとか
体をやわらかくしたい!とか 舞台に立ちたいとか・・・もちろん趣味や楽しみとしてetc・・・。
ほとんどの人が、気軽に生活の中の楽しみのような感じでお稽古していると思います(^^。

「あーと」ではバレエに夢中になってくると 
プロになるとかならぬとか そういうことを考えるより
とにかくバレエをわかりたい!とにかく 上手になりたい!という意識に変換してくるようです・・・ 

お稽古の回数もそれぞれの目的で 週に1回 とか 週に2回とか コンクールに出場する生徒達でも
週に3回(私としては お金は変わらないんだから もちょっとお稽古すればよいのに~~・・・と ときどき思うぐらい・・・爆)だったりします。

趣味でも小さな子供でもせっかくバレエに出会ったのだから正しい体の使い方を伝えたいと思うわけです。
本人の意思がないのに、すごく無理やり強制的に!ってことはいくらなんでもありませんよ(^^;

ただ、
「あーと」にいれば 正しいことを知りたくなるし
たとえ 週に1回でも 趣味でも 正しいことを自然と吸収できるスタジオで
ありたいと願っているだけです。

そんなわけで、躊躇していたみなさん、この機会に
お友達とお誘いあわせの上、体験レッスンはいかがですか??

お申し込み・お問い合わせは
099-266-6234

お待ちしていますね♪
かごしまアジア青少年芸術祭
みなさん、こんにちは☆

10月15日かごしまアジア青少年芸術祭には、あーとなみんなをはじめバレエな皆様にも
たくさんご来場いただきありがとうございました~☆
育児休暇中のみなさんも来てくれて かわいい赤ちゃんたちの成長ぶりも感じることでした☆

バタバタの仕事でしたが、アジアな皆様を歓迎する趣旨のオープニング。
ただひたすら任務を遂行しました。

「あーと」からの出演者たちは、なぜだかボランティアの地元の学生さんたちに
外国人と間違われて、英語で話しかけられたり、写真をとってもいいですか?と言われたり・・・
だったそうです(^^;
バレエを踊ったのはうちのスタッフ3名ですが、涌井先生にご助言いただいて
各国の民族衣装(もどき・・・ですけど)をまとった子供たち(うちのレッスン性)を5名出しました。
民族衣装(もどき・・・ですけど)を着ているので 子供たちは招待国のこどもと誤解されたようです(^^;

私は客席から見ていましたけど
民族衣装の子供たちが出てきたとき 海外出演国の席付近では「あら??」という雰囲気のざわめきが
アチコチから起こりました。どうやら伝えたい人たちには私たちの気持ちは伝わったようで一安心でした。


一定時間背景で仲良く遊んでもらったわけです。
中国 韓国 タイ インドネシア 日本・・・の子供として。
出演国すべてをつくりたかったのですが、私の能力不足で支度が間に合いませんでした(反省)

突然出演を言われた子供たち。決められたことをするのはなんとかなるのですけど
決められていないことを舞台上でするのは難儀だったようで
いい勉強になったと思います。

各国の民族舞踊や楽器の演奏などとても華やかでした。
終演の頃 お客様が少なくなっていたのはとても残念でした。
もっと他国の文化や芸術にも興味をもってほしいものです。
特にバレエをやっている皆さんには 持ってほしいなぁ・・・と思いました。
あーとなみんなは促していきたいものですね。

音が届けられたのが9月はじめ 短期間での仕事に必死の数週間でした。
生演奏との合わせやらやにやらかにやら・・・
これだけやってるわけではないので、時間との戦いでしたね~~。

鹿児島がなんにつけてもイマイチな事情も見え隠れ・・・
郷土愛の異常に強い私としては、一人勝手に困っているところです。


翌日16日はテンパークで
青少年ステージ:音楽部門とダンス部門のコンテストがありました!
アタクシなんと今年はダンス部門の審査委員を承りまして
審査して参りました(爆)。

ダンス部門のみんなも頑張っているんですけど・・・
音楽部門の成長の勢いはすごいです。
音楽部門は2年前に私たちが出場した時のレベルとはけた違いに上がっていて・・・
「鹿児島のダンサーもっと頑張れ~~~」って感じでした。

一チームごとに講評を・・と MCさんから振られるので
アレコレお話ししましたが、とにかくよく聞いてくれて・・・☆
うまくなりたいんだなって感じてうれしかったですね☆

音楽部門のみなさんと同じようにダンス部門のみなさんもどんどん
上達してほしいです☆

フィナーレで「上を向いて歩こう」を出場者のみんなで合唱してたんですけど
音楽部門で2位をとったバンドのヴォーカルの男性が
ハモッテくれて、なかなかのパフォーマンスでしたね!
ダンサー陣にも即興でおどってほしかったです☆

固定観念にとらわれず、エリア外のことからも 何かを吸収して
発想して 感性を高めていってほしいものです。

せめて あーとな子たちには そういう習慣をつけていきたいです☆



鹿児島バレエ事情(NAMUEクラシックバレエコンクール鹿児島あとがきその4・爆)&休講のお知らせ
皆さん、こんにちは~☆
昨日はなんとなく暑い一日でしたね~(^^
季節の変わり目・・・体調管理を心掛けましょう!

まず 「あーと」な皆様にお知らせです。
以前から会報等でもお知らせしていましたが・・・
今週末 10月14日金曜日 10月15日土曜日の二日間
「あーと」のすべてのスタジオの通常クラスは休講です。
ご迷惑をおかけします。
くれぐれもお間違いのないようにお願い申しげます。

くどいようですが(苦笑)
10月15日12:30(12:00開場)~宝山ホールへのお越しの予定はお決まりですか??(爆)
かごしまアジア青少年芸術祭(入場無料)へ ぜひお越しください☆

何度もお知らせしておりますが、「あーと」はオープニングを飾らせていただきます。
出来たてほやほやの新曲に優紀先生の振付けた新作バレエ
生演奏で踊らせていただきます。興味のある方はお誘いあわせの上、じぇひ~~♪

翌日曜日はテンパークで音楽部門 ダンス部門に分かれての青少年のコンテストもあります(2年前 あーとの面々でダンス部門 第一位をいただきました!)。
お時間のある方は、ぜひぜひ覗いてみてください(^^。

さて 鹿児島初バレエコンクールのお話・・・。
来年の開催も決定されて 今年は出場の機会を逃してしまった方の中にも 興味のある方も ちらりほらりいらっしゃることでしょう。
バレエは競争であってはいけないけれど、自分の努力とその成果を評価してもらいたいと思うことは、とてもいいことだと私は思います。
地元の皆さんにもたくさん出場してほしいし、県外の方にも出場していただきたいですね☆刺激をガンガン受けて 鹿児島のバレエがどんどん盛り上がってくれたらうれしいです。

バタバタの二日間だったので、「あーと」のレッスン生はもちろん、他の出場者の皆さんの踊りもゆっくり見る機会に恵まれなかったのが とても残念でした。
袖からチラッと除くのが精いっぱいで(^^:

内側の力を使えるようになることがとても大事だと感じました。
身長が伸びていくごとに それが使えているか使えていないか見えていくものだとも思います。
内側が使えていると動きがとても丁寧で安定している・・・って いうか 安心してみていられる感じでしょうか??
内側が使えていないと、なんとなく動きが軽薄に見えたり 乱暴に感じたりします。

だからやっぱり 大元からのアンデオールですね!(^^;

大元からのアンデオールを習得するには本当に長い長い時間がかかる場合もあると思います。バレエを続けている間中 アンデオールを目指し続けるぐらいの気持ちでもいいんだと思うのです。
アンデオールを100%習得しなければ、作品を全く踊ってはいけない・・・というわけでもない。作品をきちんと選択できれば踊る楽しさを感じながら、アンデオールも目指せるはず。「あーと」ではそういうつもりで日々を過ごしています。

私のような人間がアンデオールは絶対にできる!と信じて毎日コツコツやれるのは
涌井先生の「出来るんです!」の一言があるから。
ワクイバレエスクールの皆さんは、間違いなく大元からのアンデオールを習得しています。
ワクイの皆さんを拝見していると「日本人だからアンデオールは無理」というのは、なし・・・だなと思えます。
指導者次第・・・私たちには胸が痛い言葉だけれど、これにつきます。。。

大変ありがたいことにその涌井先生に3回もお越しいただけたので、コンクールについての勉強も沢山できました。
年齢によって気を付けるべきこと等々・・・
それを貫くためにも基礎の基礎たるものが大切だということ。

出来ていないこと、いい加減になっていること、涌井先生はピシャリ!と指摘してくださるので、「あーと」はなんとかここまできました。
理解しているつもりのことでも、理解できていないことが多いし、時には とても勝手に我流の解釈のまま それを正しいと信じてやってしまっている場合もあります。
一度指摘されたからと言って 正しさを貫けるほど バレエは簡単なものではないということも常に痛感しています。
でも、だからこそ バレエはとても面白い!と思うのです。
浅慮を省みる機会がやまほどあって、続ければ続けるほど深みのある人生をも送れそうな気がします。
コンクールに挑戦したら、誰だってやっぱり成績はいい方がいい。少しでも良い成績を出すために努力する中で、バレエのいろんな部分に触れられることも多いと思います。
それは指導者の側も同じだと思うのです。

福岡で行われるコンクールより 出場に慣れている人でも鹿児島でのコンクールの方が緊張度も高かったように思います。良い意味の緊張感を保ちながら、バレエの真髄に一歩ずつでも近づいて行きたいものです。

今回のコンクールでは
上位三位までと考えると5部門で17名の入賞者のうち(3位2名が2部門ありまして・・・)
結果的に鹿児島勢は4名でした。
フレイスさん1名(小学高学年部門3位) 
バレエスタジオ22さん1名(中学生部門3位)
あーと・かんぱにぃから2名(中学生部門3位  一般部門1位)
13名は県外の皆さんでした。

バレエにおいてまだまだ鹿児島は発展途上国(^^;
いつの日か 県外の方がたくさん参加されても上位には鹿児島が多かった・・・
というぐらいになっていたいですね。
 
「あーと・かんぱにぃ」から上位入賞者を2名も輩出できたのは、ワクイメソッドの賜物♪コンクール以降、「あーと」の指導者陣は さらにワクイメソッドへの理解を深めるために必死です。レッスン生もまたこの結果をとらえて、以前よりもはるかにバーレッスンに夢中になっています。

使える身体を作るために今日も明日もワクイメソッド頑張ります♪♪

おわり

鹿児島バレエ事情(NAMUEクラシックバレエコンクール鹿児島 あとがき その3)
皆さん、こんにちは~☆
昨日、NAMUEの方から電話をいただきました☆NAMUE検定の件でのお電話だったのですが、来年の夏、鹿児島でのバレエコンクール開催が決定したこともお知らせいただきました!各お教室にもご案内状の用意が整い次第、発送されるとか。
早めに情報が届くと たっぷり時間をかけて準備できますね♪♪
「あーと」も早めに出場希望者を募りたいと思います。お心積もりくださいね☆

今日も衣装づくりにあーでもないこーでもない・・・と奮闘している私です(苦笑)。
民族衣装(もどき・・・ですけど)についても、涌井先生にアドバイスをいただきながら作るのですけど、つくづく涌井先生って神様だ・・・と思ってしまうのです。間違いなくすべての国の民族衣装をご存知と思われます。頭飾りから髪型まで・・・。
電話でお話を聞いてイメージをふくらましてメモメモ・・・。
ただ、私は私を信用していないので(爆)、膨らんできたイメージのままは実行しません。先生からあふれてくる言葉をキーワードにネットを使いた邦題で検索☆
おもわず「おぉお~~~!」と言いたくなるほど、細かいところまで 先生の仰せの通り。
ついでに、自分の膨らましたイメージとは明らかに違うことも発覚したりしますけど・・・(苦笑)。ひとつひとつね!と自分を励まして生きていきます。

鹿児島での初コンクールだったNAMUE。ほとんどの子供たちが出場すると決めるまでのレッスン回数 週2回。 一回の生徒もいましたね。。。コンクールすら見たこともない、極端な話、あーと以外のバレエ教室の発表会すら見たこともない人もいました。無謀すぎるとは思いましたが、やってみなけりゃ始まらないのでやっちゃえ!やっちゃえ!と(^^;ただ 出る!と決めてからあとは お稽古回数も増やして頑張らせたつもりです。
涌井先生にも3回もお越しいただきました。
涌井先生とは、はじめての子供たちも多く、みんなのドキドキぶりはなかなかのものでした。初回お越しになった時に、徹底的に指導されたのは、やはり大元からのアンデオール。アンデオールがいかにバレエにとって不可欠なものか子どもたちにも丁寧にじっくり伝えてくださいました。

地元鹿児島では「あーと」の子供たちは、足が強いとか 軸がしっかりしているとか言われることが多く、身体の条件がいいことが理由に挙げられたりしています。
私たちから見ると 「あーと」の子供たちは条件も良くなければ まだまだ足なんてグニャグニャだし 軸なんてかけらもないし だからこそ どうにかこうにかしようと必死です。

すべてのレッスン生にアンデオールを!と思って向き合っているのが「あーと」です。

内股だろうとX脚だろうとO脚だろうと、骨盤が前傾 後傾 していようと レッスン次第でアンデオールは必ず習得できるはず。


身体の条件やレッスン回数などで習得できるまでの時間に差はあるかもしれないけれど、
正しい知識をもつ指導者の下で、じっくり真剣に時間をかけて向き合えばだれでも必ずできる。
こどもから始めたバレエなら 習得も早いはず。
大元からアンデオールしなければ、バレエに必要な腹筋も背筋も脚の内側の筋肉も決して育たないわけで・・・
品のいい、丁寧なバレエにはなり得ない。

こうして書きながら、どうしても大元からのアンデオールでしょう!と 自分にも言い聞かせている私です(爆)。


涌井先生がコンクール開催中、楽屋で静かに「あーと」の皆におっしゃった。

「日本でだけ通用するバレエをしていてもだめ。世界に通用するバレエをしなくっちゃね」

楽屋には「あーと」以外の人もたくさんいたけれど、先生のその静かに響く声に
楽屋中の人が耳を傾けていたように思う。

                                つづく
鹿児島バレエ事情(NAMUEクラシックバレエコンクール鹿児島あとがきその2・・・爆)
天気予報通り、今日はだいぶ気温が下がりましたね~。
つい、先日まで「あづい・・・暑い」を繰り返していたのに・・・季節は変化していくものです。かごしまアジア青少年芸術祭まであと10日となりました。只今 マッハで民族衣装(もどき・・・苦笑)を制作中(^^;
えっつ??何に使うの??って??? どうぞ当日をお楽しみに~~です。
かごしまアジア青少年芸術祭は今年6回目・・・のようですが、あまり市民の皆さんにも知られていないようで・・・なんだかもったいないです☆
昨年は韓国からバレエな子供たちが出演したようで・・・情報は収集するようにつとめないといけないなぁ~~と思っているところです。見ようとしないと見えないものですからね・・・なんでもですけど。
「あーと」も関わっているので、勝手に(爆)広報活動も担っております。
中国 韓国 シンガポール マレーシア バングラデシュ タイ インドネシア
今年は上記 アジア6ヶ国から青少年の皆さんが伝統舞踊をはじめ コーラス 演奏など上演されます。世界を生で感じるいい機会ですよね☆
入場無料ですから 10月15日土曜日12:30(開場は12:00)には、皆さん 宝山ホールへ♪  お待ちしています!

さて・・・コンクールあとがきのつづきです(1週間も経過してしまって・・・)
当日のDVDがそれぞれにボチボチ届いているようです。あーとな出場者の皆さんは私達にも見せてくださいね。袖から見るのがやっとだったので 前からの様子も確認しておきたいですから・・・。
今の時代 当人は自分の姿を後にDVDで見ることができますよね。しかしながら これは正面だけからの映像。横とか後ろとかから見たらどうなっているか・・・考察しながら自分の映像を確認してほしいものです。
 

バレエはどの角度から見ても美しくあるべきだと思います。
例え足を高く上げてもどの角度から見ても品がいい。そういうバレエを伝えていくのが指導者の役割だと私は思っています。正面から見たら美しいけれど、横や後から見ると「えっ??」と 思うような形になっていることが多いのも事実です。アンデオールする!という努力や指導を怠って、高く足を上げるとか回転数を増やすとか長く立つということにこだわって作品をこなしていくと、前述のような現象が見られます。
先生方の注意を守れず そうやってしまう場合もあると思いますが、それを正しいと思ってやっている場合が多いようで(時にはそういう風に指導している先生もみかけて・・・)、日本のバレエがおかしくなってしまうのではないか・・・と不安にかられます。
間違った身体の使い方が、骨格そのものを変形させてしまうことは 言うまでもありません。

 5月にこうべに行きましたが、ほとんどそういう使い方をする人は見かけませんでした。
しかし 福岡 鹿児島となると 見かける確率が高くなります。
情報が間違って伝わってしまう、地方の悲しさを感じて胸が痛みます。

つづく