FC2ブログ
バレエコンクール 女子全部門 上位入賞者輩出 入選多数 優秀指導者賞連続受賞☆谷山(笹貫)、加治屋町、枕崎、頴娃 指宿 新メンバー大募集!☆姿勢矯正、美容痩身、本格的に!ニーズに合わせて自由に選択☆体験無料090-8414-2392川留携帯まで
ヴァリエーション♪デビュー☆
皆さん、こんにちは。
ちょっとバタバタしていたら 更新していませんでした(^^;

また、思わず本を見つけてしまったわけです(苦笑)
研究用の(爆)
この研究が正確に皆の役に立っているかどうかは 定かではありません。
毎日 自分を完全燃焼させるために 研究に研究を重ねているような次第です(苦笑)。

しゃて!第3回 鹿児島ヴァリエーションの会「可能性の集い」の
お申し込み締め切りまで、残すところ1ヶ月となりました!
実行委員の調査(爆)によると 各所においていただいている 参加要項の数が
随分、残り少なくなっているとのこと♪
多くの方に 興味を持っていただいてうれしゅうございます☆

皆さんからのお申し込み!実行委員 一同 心よりお待ち申し上げております☆

以前も触れましたが この「可能性の集い」 普通のバレエの発表会とはちょいと違います。
コンクール形式で進行しますんです(審査、評価はありません)。
鹿児島ではバレエコンクールは今のところ開催されていませんので
コンクールをご覧になったことのない 皆さんには その進行方法がちょっと異質かもしれません。

ちょうど1月に福岡でバレエコンクールがあるので
初出場の人も なんとなく予習(苦笑)ができるように・・・と思いまして。
見た事がある人は 説明を聞いたり 文章を読んだりで
随分イメージしやすいと思いますが、全然知らない人にとっては イメージしにくいものです。

あーと内でも デビュー組みに向けては 説明会を行っていますが
昨年見ている人と 見ていない人では イメージの湧き方に微妙に差があるようです。

いろんなお教室の方が参加される場合 このコンクール形式での進行が
ベターだと思います。
一団体の発表会だと 進行の具合も 前もってリハーサルで確認することができますから
本番までには だいぶ把握できていると思いますが
いろんな教室からの参加だと 都合をあわせるのはまず難しい・・・
かといって 本番が よくわからないまま 終わるのはもったいない・・・
そんなこんなで この方法を選択しています。

コンクールでは 一発勝負ですが
「可能性の集い」では 当日 本番前に 全く同じ進行でゲネプロを行います。
違うのは お客様が いらっしゃるか・・・いらっしゃらないか・・・だけ。
お客様にみていただく時は 出演者全員 流れが把握できているというわけです。

今年の「可能性の集い」には バレエを始めて間もない大人の方も
昨年より多くヴァリエーションで出演することになっています。
只今 必死の練習中☆ 今から振付をする人もいて
大人のクラスも密かに盛り上がっています♪

大阪の涌井先生のところでも12月にヴァリエーション大会が
毎年 行われていますが
大人からバレエを始められた方も ヴァリエーションで沢山ご出演されていて
素敵だな♪といつも思います。
鹿児島の大人からバレエを始めた皆さんにも
ご活用いただきたいです☆

進行がコンクール形式なだけであって
コンクールのように ある一定のレベル以上の人が出演する・・・
というものでは ありません。
お教室の発表会の楽しさとはまた違った楽しみを
バレエ愛好家の多くの皆さんに感じていただきたいです☆

くどいようですが(爆)
皆さんからの お申し込み 心よりお待ち申し上げています!
スポンサーサイト
バレエ番組情報です!
皆さん おはようございます☆

N・Yさんから コメントにバレエ番組情報をいただきました。
いつも ありがとうございますっ!

コメントをご覧になっていない方の為に
以下に原文のまま コピーしました。

NHK教育「芸術劇場」
9月18日(金)午後10:30~19日(土)午前1:00
午後10:30~「エトワール最後の60日 マニュエル・ルグリのバレエ人生」
午後11:30~パリ・オペラ座バレエ団公演「ドン・キホーテ」
バジル/マニュエル・ルグリ
キトリ/オーレリ・デュポン


上記とは別に
鹿児島では 松山バレエ団のくるみ割り人形が
10月29日に上演されます。
宝山ホール 大人 ¥4000 子供¥2000
お問い合わせは 宝山ホール 099-223-4221

「あーと」内の皆様にはチラシを頂いています。
ご自由にお持ち帰りくださいませ。

さらに

白鳥バレエさんの 創立60周年記念公演が
11月21日・22日に上演されるそうです。
演目は 平成二年文化庁芸術祭参加作品
「バレエ・平家物語 全三幕」
市民文化ホール第一 SS席 ¥7000 S席¥6000 A席¥4000

お問い合わせは 白鳥バレエ本部 099-254-7308


以上 とりいそぎ お知らせでした~☆
天文館方面の皆さん!
皆さん、こんにちは!本日もご来訪有難うございます!

今日は 心置きなく窓を開けられているような気がします。
桜島の降灰(噴火)が続いた上に しばらく雨も降ってくれませんでしたから
鹿児島はザラザラ状態・・・
窓を開けていると 屋内でも灰が積もりますんです。
ですから なかなか窓を開けることが出来ません。
私など 気のせいか 微妙に毎日 酸欠状態でした。 

県外の皆さん、ご想像いただけますか??(苦笑)

桜島の噴火の姿は 大好きですが こうも 降灰が続きますと
たまには 噴火をお休みしてください!と お願いしたくなります。
わがままですよねぇ・・・。

さて 先日 お知らせした日舞に加えて
今月 スタートしたことがもうひとつ♪

天文館方面の皆さん!大変 お待たせいたしました☆
「あーと」のバレエクラスが天文館でも受講できることになりました。

照国通りにある ダンススタジオDADAさん☆
ヒップホップ ジャズダンス タップ タレント養成など
多種多様のクラスを開講されていて 様々なダンスシーンで活躍中の 
あのダンススタジオDADAさんの永田先生から ご用命を頂いて
クラスの中に 「あーと」のバレエクラスが開講されることになったんです。

実は、夏休み中にDADAさんの生徒さんを対象に
バレエのワークショップを行いました。
お気に召していただけたようで
早速 9月6日日曜日からレッスンが始まった次第です。

毎週日曜日 11時~のクラスです。

ジャズやヒップホップとあわせて受講しても
バレエクラスだけ選択してもOKとのこと☆

詳しくは ダンススタジオDADAさんに直接お問い合わせください!

照国町15-1
セントラルパークビル1F
℡ 099-222-6454

現在のところ
原則として 第一 第三日曜日は  優紀先生
       第二  第四日曜日は 篤子先生が担当することになっています。

天文館方面の方で 「あーと」のバレエに興味のある方☆
ダンススタジオDADAさんでお目にかかりましょう♪
日舞の初稽古♪
皆さん こんにちは~☆

9月は私にとって 再会の時期なのか
しばらくご無沙汰してしまっている方々から 次々ご連絡いただけて
なんだか 幸せなときをすごしております。

そしてこの9月「あーと」で はじまったことが二つ。
一つ目のスタートは
念願の日舞のお稽古
初日は 9月6日日曜日でございました。

参加希望者は5歳から大人まで約20名。

花柳二千翔先生 ・・・この日も美しすぎて・・・思わず うっとりでした。
初日は まず 浴衣の正しい着付けからご指導いただきました。
出来るだけ自分で・・・ということで
なんとか かんとか 子供達も みようみまねで
ぐるぐる巻きになりながら(苦笑) 着付けに成功(?)

正しい(美しい)正座の仕方
そして 正しく(美しく)正座から立ち上がる方法
細かく 丁寧に 教えてくださいました。
洋式の生活に慣れている現代の参加者・・・
すぐすぐ出来るわけではないれど
知らないよりは 正しい方法を知っていたほうがよいわけで・・・

何より 全てにおいての先生のお姿がお美しい。
いつもと違う スタジオの初めての雰囲気に 最年少のHちゃんが
背筋を伸ばして 得意のおしゃべりもせず 緊張した面持ちでキチンと正座をして
先生のお話をしっかり聞いているのが とても印象的でした。

☆雰囲気って やっぱり大事

↑さらなる リニューアルに向けて メモメモの私(爆)。

踊りも早速 子供向けと大人向けと2曲教えていただきました。
ひとつ ひとつ 本当に丁寧に(感涙)。
注意を頂く時は 正座。これにも ほぅ~~~っ。

お稽古が終わった後は
浴衣の正しいたたみ方。
お手本としてたたまれる所作にも一同うっとり。
私など 事務所でお話をさせて頂いている時にも
ついつい先生の「手」に目が行くありさまで・・・(^^;

プリンシパル(会報)にも 書いたことがありますが

イギリスの外交官夫人であるキャサリン・サンソムさんが
「東京に暮らす」という昭和初期の日本を描いたエッセイがあるそうです。

「日本の女性の仕草は一つひとつが本当に美しい、芸術である」と賞賛してあるとか・・・

紳士 淑女の大国イギリスの外交官夫人に 賞賛されていた日本人女性の芸術的しぐさ。
悲しいかな 普段にそれをみることはほとんどなくなりました。

二千翔先生の立ち振る舞いひとつ ひとつ 目に焼き付けて
日々に反映してほしいものです。

お稽古後 二千翔先生から 大変ありがたいことに
参加者全員にお褒めのお言葉を頂きました。

初めてなのにさすがにスジが良いとか・・・
すぐに形になってすばらしいと・・・(^^;
どんな指導をすれば こういう風な生徒になるのでしょう??とか。。。
ご配慮の上のお言葉だとは思うのですが

単細胞の私は嬉しかったです。

この日舞の稽古の為に 久しぶりに「あーと」にやってきてくれたのは
只今 レッスンを育児休暇中(?)のさとみ♪
実は さとみは古典の世界ではなかなかの踊り手。
そうであることは 昔から知っていたのですが
二千翔先生の記事をブログにアップした後
さとみから 元気に電話をもらいました。
「二千翔先生は 私の古典の先生です!
日曜日なら 仕事も休みなので是非お手伝いに」
「これは ご縁以外の何物でもないわね!」
と ひとしきり 盛り上がりました。

お稽古用に着物を着付けたさとみのまたまた姿の良いこと(^^。
お弟子さんと二人で 二千翔先生の助手を素敵にこなしました。
先輩のその様は あーとな皆にも大いに刺激になったことでしょう。

長くなりましたが(苦笑)
来月の日舞のお稽古は 10月11日日曜日 2時からとなりました。
クラシックを踊るに相応しい品格ある人(ダンサー)を目指して頑張ります!
もとい! 頑張らせます(爆)。


もう一つの 嬉しいスタートは また後日♪
どうなる?インフルエンザ
皆さん、こんにちは~。

鹿児島は今日もお天気です。
お天気が続きすぎて、世の中がカラカラ(?苦笑)している模様。。。
風は微妙にあるので
灰がザラザラしています。鹿児島らしくはあるけれど
ここらで ひとまず、すっきりして欲しいと願う わがままな私です。

芸能界でも新型インフルエンザが猛威をふるっているようですね。。。
一体 どうなるんだろう??と心配。

これまで流行してきたインフルエンザであれば
「あーと」の子達は ほとんどといって良いほどかかりませんのです。

お母さんたちも あるとき「あ゛・・・」と気づくようですが
週に二回ぐらいのレッスンを3年ほど続けた子達は
病気で学校をお休みすることがなくなります。
「しゃちょう!気がついたら もう数年 病院にかかっていません♪」と
お母さん方が嬉しそうに話します。

以前も触れたかもしれませんが
これは なかなかの自慢です(爆)。

体力テスト 運動能力テスト等も 学校でも当然上位(^^。
テストの項目によくある 運動時の心拍数は
サッカー選手やマラソン選手なみといわれて
体育の先生方に「どういうこと??」と 驚かれるというのは
良く聞く話です(^^。

今回の「新型」も
日頃培っている体力や抵抗力が撥ね退けてくれるはず!と私は思っています。

が・・・(苦笑)、

「あーと」な皆さん!
念には念をいれて
手洗い うがいは継続しましょうね!
無我夢中
昨日は夏休み最期の 「パキータ」の練習日でした。

当初 毎月1回の作品の稽古(リハーサル)で
仕上げるつもりでしたが・・・
夏休みに入り、作品を見て
「まずいかも・・・」と 思ってしまい
急遽 夏休み中に追加で4回ほどのリハーサルを入れました。

「5回で決着をつけよー!」と 言い出しておきながら
こういうところが 私って過保護なのかも・・・と 反省しながらも
やらずにはいられませんでして・・・。

無論 強制はできませんが
保護者の皆さんが 「ジャンジャン やっちゃってください!」という
ノリだったようなので 内心 助かりました。
参加者の中には 枕崎 頴娃 喜入 から通ってきてくれている生徒もいるので
こんな私でもイロイロ考えます。

けど、やっぱり 最終的には「言ってみよー!」「やってみよー!」なんですけどね(^^;

「あーと」でのキャリアはあるものの
ホールでの本番に参加した回数も少なく
この手の作品に初参加の生徒の心の中は
特に テンヤワンヤだと思います。
でも これを機に ぐーっと 力をつけて欲しくて
しつこいぐらい 細かく アレコレ。
心の準備をしてきているとは 思いますが
それでも おそらく えらいこちゃな領域でしょう(^^;
はじめのころは 何がなんだかわかない様子だったのですが
さすがに 昨日には 参加者全員「川留用語」(爆)に
理解を示すようになったようです。

人様に聞くところによると
稽古に対する姿勢に関しての
私の要求は 異常なほど高いようで
「出来る 出来ない」以前に そこにヒートします。
ただ リニューアル中(爆)なので
ヒートの回数は抑えています。もしくは静かにヒートしています。
篤子先生に言わせれば
そちらのほうが 微妙に「こあい」らしいのですけど(爆)。

昨日のリハーサルで
「無我夢中」というのを 参加者数名から感じました。
出来ていないことを理解して 出来るようになりたい一心で
だれの目も気にすることなく ただ無我夢中にとりくんでいました。
まだ 完全に出来るようになったわけでは ないけれど
それは とても頼もしい光景でした。

それぞれが 自分の今の力を冷静にみつめて
明確なビジョンをもって
そこに向かって 邁進する。
それが 稽古だと 私は思っています。

「可能性の集い」までには
「あーと」からの参加者全員に
そういう姿勢でとりくんでもらえるように
私自身 精進せねばと思っています。

バレエをやっている間は
ずっと バレエに飢えているような人であってほしいと
願っている私です。
(ちょっと 変な表現ですけど 心中 おくみ取りくださいませ・・・苦笑)